もう足がつるのはイヤ!

 

 

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

 

 

寒い季節になるとよく「寝ているとき突然足がつる」こと、ありませんか?

 

この「足がつる」現象、思わず「痛たたた・・・」と声が出てしまうほど痛いですし、痛みが引いたあとも足に違和感が残るので、出来る事なら二度と起きてほしくないですよね((+_+))

 

 

この足がつるという状態は、筋肉が縮まったまま伸びなくなってしまうことで痛みが出てしまいます。

 

足がつる事の原因はいくつかあり、

 

・激しい運動などにより筋肉に疲れがたまってしまっている

・筋肉量が少なく、負荷がかかりやすい

・冷えなどにより、血行不良になっている

・ミネラル分などが不足している

 

などが原因と言われています。

 

水泳中につることが多いのは、水中で体が冷えてしまうため。

冷え性の方も、筋肉の血行不良でつってしまうことが多いです。

 

つりやすい足を温めようとして靴下を履いて寝る方も多いのですが、靴下を履いて寝てしまうとこれもまた血行不良になりやすく、

つりやすい体をつくってしまっています((+_+))

 

足を冷やさないためには体の内側から温めることがイチバンです(^O^)

とくに足の筋肉は、足の指がしっかり使えてくることで血液などもめぐりやすくなるので、寝ているときの足のつりを解消するためにも

 

・普段から5本指ソックスを履くようにする

・足の指を「握る!」「開く!」でトレーニングする

・寝る前にふくらはぎのストレッチをする

 

などを心がけてみるといいかもしれません(^^♪

 

 

そして、もしもつってしまったときは落ち着いて、ゆっくり筋肉を伸ばしましょう。

揉んでしまうと筋肉が傷つき、悪化してしまう可能性もあるので注意しましょうね(^^)/